栄養が大事だと痛感する|疲れが取れない原因はこれだ

正確な結果を得る新指標

血液

1か月の平均値で治療検討

ヘモグロビンa1cは、血液の中でヘモグロビンと糖分が結合している状態を把握する数値です。血糖値が高いとヘモグロビンa1cが上がる、血糖値が低いとヘモグロビンa1cは下がるという連動の状態が見られます。従来型の血糖値の把握と異なっているのは、1か月間の血糖値の平均的な状況を把握できるところです。そのため、血液検査前日に糖分摂取を控えたり、食事を抜いたりなどの行動をとっても、ヘモグロビンa1cならほとんど影響を受けることなく状況がわかるようになっています。反対に、血液検査の前日だけ摂取糖分が多かったり、食事の量が多くなったりしても、ヘモグロビンa1cの数値に変動は出ないことが利点です。糖尿病で行われるヘモグロビンa1cの検査は、食事のコントロールが難しい患者に対しても、適切な栄養指導を行える新しい指標です。ヘモグロビンa1cが5.4%の方は、普段の血糖値はおおむね正常な状態だと判断できます。また、5.4〜6.4%なら血糖値が高くなることもある境界型糖尿病、そして6.5%以上であれば糖尿病の診断を受けるでしょう。ただし、これは日本国内の基準値で、2012年4月からは国際基準を用いることになりました。国内基準と比較して、0.4%多い数字が出るのが国際基準だということを理解しておきましょう。状態が悪化したのではないかと不安になる方もいるので、その場合はかかりつけ医に確認すると安心して治療を続けられます。国内基準はJDS値、国際基準はNGSP値と表記するので、血液検査の結果でも区別しやすくなっています。